シャンプーは髪の保湿よりも頭皮の洗浄重視を選んだ方がいい

今まで色々なシャンプーを試してきましたが、これといった特別気に入っているものがあるわけではありません。

でも今使っているものが今まで使ってみたものの中では総合的に一番気に入っていると思います。

ただ、日本国内だと手に入りにくいのがネックです。

今は韓国の「呂」というシャンプーを使っています。

実はこれ、台湾に旅行したときにドラッグストアで買いました。

台湾のドラッグストアでは色々な国の輸入品がたくさん並んでいます。

国産品を重視する日本とは違って海外のものを多く取り入れているお店が多いのが台湾の特徴みたいです。

海外に開けているところなのですね。韓国の化粧品やシャンプーなどは結構台湾で簡単に手に入ることが分かりました。

値段もそんなに高くありません。

この「呂」というシャンプーは、色々なタイプが出ています。

全部で何種類あるか分からないぐらいですが、赤いボトルだったり茶色いボトルだったり、緑のボトルなどに入っていたりして、どのボトルも効果が違います。

一番スタンダードなのが「普通の髪用」と書いてある茶色いボトルのものです。

癖のないシャンプーで、わりとどういう髪質の人でも合うのが特徴です。

癖がないと言ってもこのシリーズは漢方の成分が配合されているのが特徴なので、かなり強い漢方薬っぽい香りがするのです。

なのでそういう強烈な香りがするのが苦手な人には向いていないかもしれません。

洗っているときは苦い漢方の香りがお風呂場中広がるのですが、洗い終わって髪の毛を乾かした後にはその香りはなくなっています。

私が今使っているタイプは緑のボトルに入っているもので、頭皮ケアを重視したものです。

粒粒のビーズが入っていて、頭皮になじませているときにはひんやりとした感じがするのです。

私のように脂っぽい頭皮になりがちな人向きのものです。

もちろんコンディショナーも同じ緑のボトルに入ったものを使っています。

茶色いボトルのものも使ったことがありましたが、結局どのタイプのものも強い漢方の香りがするのは同じです。

思うのですが、髪の毛そのものの艶や感触は、どのシャンプーを使ってもあまり違いを感じてきませんでした。

やはり大事なのは髪の毛ではなく頭皮を洗うことみたいです。

髪の毛ははっきり言ってお湯で洗うだけでもほとんどの汚れがとれるみたいです。

頭皮の脂や汚れをしっかりとるためには自分の頭皮に適したシャンプーを使うことが必要なのですね。

せっかく自分の頭皮に合っていると感じている今の「呂」の緑ボトルのシャンプーですが、通販かコリアタウンにでも頼らないと日本では手に入らないかもしれないので、探してみようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です