美容師さんのシャンプーはその人の性格が良く表れる

今日は午前中に美容院の予約があった。

美容院に行く目的は毛染めやカットをしてもらう事ですが、特に決まった美容院へ行く訳ではなくフリーペーパーでクーポンが付いていてお得に行けるからとか、新規オープンして特別料金になってるからなどその都度で決めている。

もちろんリピートしていく美容院もあるけど、その時の気分や時間の都合で色々なお店に行く事にしている。

ここ5年で多分20件ほどの美容院を利用している。

一番最近行った美容院は近所の格安美容院。

過去にウチのダンナが施術料金の安さに惹かれ毛染めに行ったのですが、カラスのように真っ黒にされてしまい結局他の美容院へ染直しに行った問題の美容院でした。

ちなみに毛染めは千円で安すぎ。

時間が無く、お金もピンチだった私はエイっという気持ちでその美容院へ行った。

今迄多くの美容院へ行って感じた事は、美容師さんによってシャンプーの上手い下手、力の入れ加減に思った以上に個性があるなぁと思った。

そしてシャンプーのすすぎ方もすごく丁寧にやってくれる美容師さんも居れば、あれ?これで終わりなのという感じの美容師さんも居る。

シャンプーが終わりかける頃「痒い所はないですか?」とよく聞かれますが、本当に言いたいのはそこじゃなくて「もっと下の方ちゃんと流して」とか「首が痛い」という事なんだけど小心者の私はなかなか言えない。

で、昨日行った美容院のシャンプー、史上最高に力強いシャンプーでした。

その美容師さん、見た目は茶髪のヤンキー風の若いお姉さんでした。

さすが接客業をされているだけあって話し上手でしゃべり方こそギャル風ですがこんなオバサンの私にも会話を楽しませてくれた。

さぁどんなシャンプーをするのかとワクワクした気持ちでシャンプー台へ上がった。。

いつもの様にシャンプー台が倒され、いざシャワーのお湯が頭にがかった。。

そのお姉さん、びっくりするほど力強く私の頭をガシガシと洗い出した。

その力強さと言ったら今迄経験した事の無い位の強さですべての指先を使い私の頭を前後左右動かす。

正直気持ちが良いというレベルの強さは超えていて、最近薄くなってきた私の髪の毛はどれくらい抜けてしまうのだろうと心配になった。

しかし、小心者の私にはその不満を伝える事も出来ず例の「痒い所はありませんか?」と聞かれ「ない」と答えて終わった。

やっぱりシャンプーはたくさんキャリアを積んだちょっと若くない美容師さんにお願いするのが良いみたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です