はじめに


STAP細胞をめぐる問題においては、メディアによる常軌を逸した報道や、Web上での偏見的な議論が行われています。

その多くが憶測、未確認の非公式な情報、訂正がなされる以前の誤報などをもとに展開されており、一方的な決めつけがなされている状況です。また、研究内容とは関係のない小保方晴子氏個人への中傷をもなされていることは、常軌を逸していると言わざるを得ません。

小保方氏らによるNature論文(Article)は、理研の調査委員会により不正であると結論付けられましたが、調査段階や不服申し立て後に小保方氏への十分なヒアリングがなされず、真実の追求を伴わない拙速な判断であったと考えます。

このサイトは、STAP細胞研究の真実に関する様々な可能性を発信することを目的としております。

2014年7月24日

STAP細胞を守る会

PAGETOP
Copyright 2014 STAP細胞を守る会 All Rights Reserved.